施工をご検討の方へ

ログハウスができるまで

ログハウスを建てる工程は、一般住宅とは大きく異なります。
ログハウスができるまでの流れをご紹介しますので、ご購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

手続き・作業の流れ

1 お問い合わせ・ご相談

本格的なログハウスは、一般住宅とは大きく異なる特殊な建物です。そのためLog&Countryでは、ログハウスの特徴を詳しくご説明しています。
ログハウスのことをよくご理解いただけましたら、お客様のご要望をヒアリングし、プランを練っていきます。

右

2 プランニング・お見積もり

プランニング・お見積もりお打ち合わせの内容をもとにプランを作成し、お見積もりをご提示します。ご提示した内容にご不明な点などがありましたら、お気軽にご質問ください。

下

3 ご契約・建築確認申請

ご契約・建築確認申請プランとお見積もりの内容にご納得いただけましたらご契約となります。
ご契約後は建築確認申請を行い、許可が下りてから実作業に入ります。

下

4 現場での作業

地盤調査地盤調査・地盤改良
地盤を調査して必要であれば、改良工事を実施します。

基礎工事基礎工事
安心して生活していただけるよう、構造計算にもとづいて基礎工事を実施します。

左

4-2 材料の製作

ハンドカットログハウスやポスト&ビームの場合

原木選定・皮むき
最適な原木を厳選します。皮むきはお客様自身で行うこともできます。

仮組み仮組み
皮むきした木材は必要な数やサイズなどの確認を行うために、仮組みを行ってから建設現場に運びます。

マシンカットログハウスの場合

フィンランドの工場で材料が加工されます。

カントリーハウスの場合

日本で材料を加工します。

下

5 建物の建設

建設作業木材を現場に運び込みましたら建物の建設作業に入り、ログ材を現地で組上げて上棟となります。
なおLog&Countryでは、ログハウスの素晴らしさを存分に味わっていただくため、ログビルダーと一緒になって建築作業に参加することをお勧めしています。

下

6 お引き渡し お引き渡し

薪ストーブの火入れ建物が完成しましたら登記手続きを行い、お引き渡しとなります。
その後もメンテナンスや暮らしのアドバイス、薪や工具類のご提供など、
あらゆる面からお客様のログライフをサポートしていきます。